【Minecraft】マイクラを久しぶりにMOD導入してやってみる【ver1.12.2】Part2

マイクラを久しぶりに始めた理由と言って良いぐらいのMOD
それがImmersive EngineeringMystical Agricultureですかねー
Immersive Engineeringはいわゆる工業系MODで、どちらかと言うとリアル寄り、マルチブロック構成の各種機械が特徴です。
Mystical Agricultureは、鉱石とか色々な物を農業でどうにかしちゃおう、というMOD。
Magical CropsというMODの後継と言って良いんじゃないでしょうか。
Magical Cropsは、現在致命的なバグがあって修正される様子も無いので私もこちらを選択した感じです。

この2つのMODを始めた理由が園芸クローシュの利用。
これを使う事で、鉱石を含めた色々なものが自動的に生産出来ます。
それほど大変でも無いので、資源的に楽に遊びたい、という方は、是非導入を検討して欲しいですね。

これは私の環境ですが、園芸クローシュとImmersive Engineeringの熱発電機を組み合わせています。


初歩的な配線と発電方法を覚えてしまえば、出来てしまうので結構簡単です。

園芸クローシュには水を供給する必要があるのですが、私はソームクラフト6の「底なしの壺」を使っています。
ですが無限水源を作って、Immersive Engineeringのポンプとパイプを組み合わせた方が拡張性が高いと思います。
(工業MOD苦手なんですw)
「底なしの壺」は3ブロックぐらいしか有効範囲が無いので。
この園芸クローシュのすごい所は、一度設置してしまえば全く手がかからない所。
Storage DrawersMODを使って格納していますが、これをやっておけば後はほぼ手間いらずです。

本来、Mystical Agricultureだけだと、こんな感じに畑を作って収穫するという手間があるのですが(それでも凄いですけど)
園芸クローシュと連携すると、それすら不要です。
収穫物のエッセンスを自動的にクラフトする仕組みを作れば、さらに手間いらずになるでしょう。
他のMODの導入をした方が楽だと思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)