ゲーム処おうぎや

日々やってるゲームの内容を書き連ねていくサイトです。

【7dtd】α15やってみる(正式版) 97日目

      2017/01/11

スポンサーリンク

97日目。

※この記事はα15(正式版b105)現在の物です

20161206_7dtd_030

今日は砂漠バイオームの探索に向かいます。

この前と同じように、ポンチョ&革装備に変更。

ウサギやニワトリを狩るクエストも片付けたいので、ソードオフショットガンとネイルガンも持っていきます。

20161206_7dtd_031

目的地は「Junk Yard」の南。

マンションがこの辺りににあるらしいんですよね。

それとインディアンのお墓も。

未探索地域も出来るだけ減らしておきたい。

20161206_7dtd_032

また「Diersville」の南ゲートを通過して砂漠に向かいます。

 

途中はカット。

20161206_7dtd_033

「Junk Yard」が見えてきました。

明日のフェラルホードをここで迎撃するつもりです。

ですが、今は通過します。

20161206_7dtd_034

ニワトリとウサギを見つけたので、追いかけてショットガンで仕留めました。

が、誤射(笑)。

これはニワトリ。ネイルガンで倒さないとクエストクリア条件にカウントされません。

20161206_7dtd_035

ウサギも仕留めましたが……。

クエスト「Kill Rabbits With Shotgun」は、5匹仕留めないといけないんですよね。

後、4匹もこれやるのか(嘆)。

動物を狩るクエストは、鹿と豚以外は大変なので「狩れたらラッキー」ぐらいのつもりで居たほうが良いです。

ニワトリとウサギは見つけづらいし、熊はα15では出現率が落ちているように感じます。

他のクエストを片付けた方が手っ取り早いです。

20161206_7dtd_036

お昼。

救援物資が来ましたが、スルー。

場所はここから西。

「Dinner」の近くなので、後でBob兄さんの所に行くついでにでも回収すれば良いです。

20161206_7dtd_037

「Junk Yard」の横の道を南に進むと、目的地の「マンション」が見えて来ました。

廃墟街のあるのとまるっきり同じようですね。

手抜きじゃないですかねぇ(苦笑)。

20161206_7dtd_038

今晩はここで一泊する予定です。

いつも通り、周囲のゾンビを掃除しましょう。

20161206_7dtd_039

ゾンビを片付けた後、近くに流れている川のほとりにやってきました。

下流を見ると、中洲のようになっている場所がありますね。

あそこに橋を掛ける事ができれば、Bob兄さんの店に行きやすいですし、川で分断されている砂漠の中央部と東部が、行き来出来るようになります。

問題は距離ですねぇ。

20161206_7dtd_040

スポンサーリンク

日が暮れる前に「インディアンのお墓」にやって来ました。

このオブジェの下に宝箱が埋まっているそうですけど、まあやめときましょう。

場所が確認できればそれで良いです。

「マンション」に戻ります。

20161206_7dtd_041

マンションの最上階、南側の部屋に仮拠点を構えます。

と言っても一泊だけですけどね。

20161206_7dtd_042

もうすぐ夜ですが、南側の探索をやっておきます。

20161206_7dtd_043

すぐにマップ南端に到着しました。

ここから先は放射能汚染地帯ですね。

20161206_7dtd_044

「マンション」に戻ってきました。

ここでミスに気づきます。

鉱山ヘルメットを仮拠点に置いてきてしまいました。

外は月明かりで大丈夫なんですが、「マンション」の階段って真っ暗なんですよね……。

この後、四苦八苦して最上階まで行くのですが画面が黒いだけなのでカット。

今思えば、以前やったように外壁にはしごをつけて登って、屋上から入った方が楽でした(苦笑)。

20161206_7dtd_045

要らん苦労をする羽目になったので、「マンション」の階段に松明を設置しておきます。

特に目新しい建物ではないので、今夜はアイテム整理でもして朝まで過ごします。

 

明日は「Junk Yard」に移って、フェラルホードの準備ですねー。

 

それでは今日はここまで。

⇒「【7dtd】α15やってみる(正式版) 98日目

⇒「【7dtd】α15やってみる(正式版) 96日目

「サイトマップ」

このページでは、The Fun Pimps Entertainmentが権利を所有する著作物を利用しております。

スポンサーリンク

 - 7Days to Die