ゲーム処おうぎや

日々やってるゲームの内容を書き連ねていくサイトです。

【7dtd】「STARVATION」MODやってみる 60~62日目【α15】

      2017/06/09

スポンサーリンク

※この記事はα15.2(正式版b8)現在の物です

※「STARVATION」MODは、ver15.2.9.14です

※日本語化MOD(修正版)を導入しています

 

60日目

今日は、内政の日。

拠点に引きこもって、がっつりクラフト&拠点改修やります。

まずは「Rubber」をクラフト。

放射能汚染バイオームの探索を見据えて、X-RADスーツを作ります。

その材料ですね。

次、「Steel Armour Plate」

スチールアーマーの材料ですね。

そろそろ防御力の強化をしないと……。

この時は、放射能汚染バイオームの強力なゾンビ対策のつもりだったのですが、良く考えたらX-RADスーツ脱げないんですよねぇ。

素材が集まった所で、X-RADスーツをクラフトしていきます。

全身X-RADスーツを装備した所。

「HAZMATスーツ完全装備」のバフがちゃんと付いてますね。

全身、と言いましたが頭装備だけはHAZMAT装備です。

前も書いた通り、素材のガスマスクが見つからないんですよ。

HAZMAT装備とX-RADスーツ混在でも、「HAZMATスーツ完全装備」のバフは付くので、問題ありません(多分)。

作業の合間に、ラジオタワーを起動して入植者を募集しておきます。

早速、女の子が来てくれました。

最初「子供が使い物になるのかね?」と思っていたのですが、ファーマーは10代の女性しかなれないので、このタイプの入植者は大事なんですよね。

また来ました。

この子はファーマーになれるのかな……?(未確認)

コックにでもなってもらいましょうかね。

なんか女性ばっかり来ますね。

さて、この人はどうしようか。

後で気づくのですが、このタイプの入植者はファーマーになれません。

若そうに見えるけどなぁ。

入植者がそろった所で、「Cook Station」をクラフト。

そろそろ料理はコックさんに任せようと思います。

室内に新しく来た入植者を誘導し、コックさんになってもらいます。

そばに冷蔵庫を置いて、素材と食料を入れておけば指示した料理をしてくれます。

やりかけだったスチールアーマーのクラフトの続き。

先程の「Steel Armour Plate」を素材に「Armored Plate」をクラフトします。

スチールアーマーは必要素材が多いので、鉱石集めが軌道に乗ってからじゃないと厳しいでしょうね。

ここまで来れば、後は作るだけです。

はーっ、面倒。

装備の更新完了!!

見た目、アイアンアーマーと全然変わりませんけど(苦笑)。

確か、カモフラージュ用の塗料を使った物もあったと思うので、そっちだとまた違うんでしょうかね?

クラフトが一段落ついた所で、コックさんの所に戻ってきました。

最初、コーンブレッドしか作れないんですよねぇ。

覚えて欲しい料理を手に持って、選択肢の「Teach Held Item」を選ぶと料理を教える事ができます。

お試しで、ゆで卵を覚えてもらいましょう。

簡単な料理をしばらく作ってもらって、レベルが上ったらブルーベリーパイとかミートシチューを覚えてもらおうかな。

クラフトと入植者が片付いたので、拠点の改修ですね。

やっと手をつけられる。

今拠点にしている「Ostrich Hotel」のこの吹き抜けを潰してしまいます。

何かの拍子で、ペットや入植者が落ちて死なないか心配なんですよ。

落下防止に天窓を強化して塞いだので、水がこぼれてきて一階が水浸しになるのも嫌なんですけどね。

各階をフラグストーンで固めて、周囲の鉄柵も撤去します。

柱を真ん中に立てて、屋上まではしごで移動できるように。

今も外壁にはしご設置しているので、一気に移動は出来ますが、やっぱり室内に配置したかった。

最後に、コンクリまでフラグストーンを強化して完了。

あぁスッキリしました(笑)。

61日目

今日から日本語化MODの修正版をあてています。

詳しくはReadmeを読んで欲しいのですが、バグフィックスを含めバランス調整が施されています。

楽しみやすくなっているので、導入おすすめです。

場所はクイック版、フル版と同じです。

昨日はコックさんを雇ったので、今日は農夫さんを。

「Farmer Station」をクラフトします。

募集に応じて来てくれた入植者を、今度は屋上に誘導します。

彼女にお願いしましょう。

スポンサーリンク

一瞬で年取りましたね(笑)。

さて、これだけだと何も出来ないので整備を進めます。

ファーマーが食べる食料を入れるための冷蔵庫を設置。

そして農作物の種と収穫物を入れるための「Farm Storage」も置きます。

後は……、

土を盛っておきます。

とりあえず、低レベルの作物を植える様に指示出し。

ヒマワリでも育ててもらいましょうかね。

アボカドが育っていたので、収穫します。

これでやっと果樹園のクエスト完了ですね。

長かったなぁ。

 

お昼に救援物資が来ましたが、大したものではなかったので、またカット。

最後に残った「ガード」を雇いましょうか。

これが実は曲者で……、素材の服がなかなか手にはいらないんですよね。

素材の加工に必要な「Camoflage Dye」をクラフト。

カモフラージュ用の染料でしょう。

犬も飼い始めました。

犬が快適に暮らせるように、犬用のベッドやエサ箱が必要です。

エサ箱には、犬用のクッキーと缶に入れた濁り水を入れます。

飼っていると、クッキーは減っていくのですが、濁り水の方は消費されないんですよねぇ。

犬用の首輪を使うことで、犬のコンディションを調べる事が出来ます。

詳細は省きますが、状態が数値で分かるのは良いですね。

ダミー人形を使うことで、犬の攻撃スキルを訓練することも可能。

これはゾンビのダミーですね。

犬笛を使って、攻撃を指示出来るのですが……。

ちょっと怖くて戦闘には連れていけません。実況主さんのプレイを見てると結構あっさり死んじゃうみたいなんですよね。

私は育てるだけかなぁ。

62日目

入植者でも、この少年タイプは何に使うんだろうなぁ。

ただの穀潰し?

まぁ一人ぐらい構いませんけど。

入植者の募集を続けて、やっと待望の男性が来ましたね。

彼にガードをやってもらいましょう。

修正版の日本語化MODの効果を確認するため、トレーダー拠点にやってきました。

一番はっきりと恩恵が分かるのは、ここじゃないでしょうか。

STARVATION MODのアイテムを扱うようになるんですよね。

パワーコアは、ボスゾンビからでも手に入りますが、購入出来るならそれに越した事はありません。

作るとなると、遠くにある原子力発電所まで行く必要がありますからね。

拠点に戻って来ました。

先程の入植者には、拠点の隣りにあるカフェの屋上に陣取ってもらいます。

ウッドフレームで囲っていて、非常に絵面がよろしくないですが……。

仕方ないんですよね。

「ここにいろ」って言っても、勝手にフラフラ歩いてしまうので。

「Guard Station」を早くクラフトしたいのですが、この「Skull Cap」が見つかりません。

シャツとズボンはあったんですが。

衣類は大量にあるのに、欲しいのが無いとは。

衣類は雪山ゾンビから良く手に入るイメージだったので、探索にやってきましたが、なかなか上手くいきません。

木の洞や、表面の硝酸カリウムでも漁って帰りますか。

まぁ、その内出てくるでしょう。

この日の残りは、弾薬を作って終わり。

明日のフェラルホードの準備です。

 

それでは今日はここまで。

⇒「【7dtd】「STARVATION」MODやってみる 63日目【α15】

⇒「【7dtd】「STARVATION」MODやってみる 57~59日目【α15】

⇒「【7dtd】日本語化MOD入れてみた【STARVATION MOD】

⇒「【7dtd】「STARVATION」MODのメモ【α15】

⇒「【7dtd】「STARVATION」MODの概要を和訳してみた【α15】

⇒「【7dtd】「STARVATION」MOD入れてみた【α15】

「サイトマップ」

このページでは、The Fun Pimps Entertainmentが権利を所有する著作物を利用しております。

 

スポンサーリンク

 - 7Days to Die , ,